信州の四季

信州・伊那谷を中心に四季折々の風景やイベントをupしてます

八方尾根

ktempleさんが http://blog.goo.ne.jp/ktemple
北アルプスの八方尾根について詳しく連載されてましたので、
その続き?をUpしてみます(^o^)


ゴンドラと2つのリフトに乗り継いで、八方山荘まで行きますと、
そこから先は「八方池」まで1時間以上は歩きます。


一般道と尾根道がありますが、
尾根道は石ころの道を1直線に登るような道で、
右手に白馬三山などが迫り、まさに登山をしたようなスリルがあります。
一般道は木道が整備されて山の斜面をジグザグに登ります。
こちらの方が花が豊富です。

    尾根道


    一般道


どちらを選らんでも時間はほぼ同じです。展望も抜群です。
途中で2つの道は合流します。
双方を同時に楽しむには、行きは尾根道、帰りは一般道を選ぶのが良いでしょうね。
でも時間帯によっては大渋滞(^o^)



    八方池(北アルプスの鏡とも言われてます)


ここからは「唐松岳」への本格的な登山になり、登山届けも必要ですし
それなりの体力や装備が必要です。
一般のトレッキングはここまでが無難でしょうね。


なお、ここまでの道のりは、自然研究路といわれ数え切れないほどの亜高山植物の宝庫です。
背景に山を入れていくつかの花をUpしておきます。
歩道以外は立ち入り禁止ですので、少し無理な撮影になりますが。

上から
   シシウド・シモツケソウ・ハクサンシャジン・ヤマブキショウマ
   マツムシソウ・カライトソウ・イワイチョウ(白)とウサギギク(黄)