信州の四季

信州・伊那谷を中心に四季折々の風景やイベントをupしてます

お風呂がガラガラ

今から70年も前(我が青春時代)の話です。(記憶にある人もいるかと)
放送時間中は女湯( 銭湯)がガラガラだった。

 

  何の放送?
「君の名」(恋愛ドラマ)のラジオ放送(毎週木曜午後8時より8時半)
当時はラジオの全盛期時代。昭和27年頃だっと思う。

この時間帯になると女銭湯(当時は家庭など風呂がほとんどなかった)が
ガラガラになったと言う世相です。
映画にもなり、服装でも「真知子巻」など大流行した。

昨日、それと同じ現象がおきた?
我が伊那には温泉風呂(日帰り温泉)が多い。
その中でプール付きの温泉がある。
会員制ですが水着着用の混浴があり、サウナやジェットバスが20種類ほどある。
いつもは水着のば~さん・じーさんたちのおしゃべりの場になるが、昨日は女性群がガラガラであった?

 

「いつものおばさんたちが大勢いないが、どうかしたんですか?」
と聞いたら、WBC(野球)で家のTVにかじりついてるからだと言う。
へ~ おばさんたちがこの時だけが野球ファン? 時代も変わったものだ。

本場のアメリカに勝っての優勝! 日本中が燃えた1日でしたね。
風呂場もガラガラになるはずだ(^O^)

 

 

春の高校駅伝

 

全国の高校駅伝と言うが、

始まりは、長野県の高校が集まっての親睦駅伝であった。

それが、いつの間にやら県外の高校が集まって来て、

ここで勝てなければ、暮れの全国大会(都大路)には勝てないと言う前哨戦である。

全国大会の優勝候補の学校がひしめき、187チームが参加しての熱戦。

選手の数はまさに日本1の駅伝大会ですね(^O^)。

 

前日は雨でしたが・・・

 

朝目覚めると裏山が雪景色。

 

アルプスにかかる雲も引き出した快晴!

 


市営グランドに出かける

 

今年はビデオを用意したが・・・

静止画像から熱戦を少しup。

 

  女子の部

 

  男子の部

 

グランドを飛び出す前に中継点に先回りして・・・

 

アルプスに囲まれた伊那路を力走。

優勝は女子「立命館(京都)」 男子は「須磨学園(兵庫)」

ポカポカ陽気の1日を過ごした。

 

竜峡小梅

ブログでは梅の満開の記事が多いが、紅梅など鑑賞用の梅園かな?

 

我が信州・伊那地区は梅の産地ですので梅農場が広がるが、収穫が目的。

「竜峡小梅」と言って、天竜川の湿度が手ごろで肉厚の美味し小梅が実る。

花は白梅ですし豪華さもない。木は美味しい梅干しに全精力を使うのかも・・・

梅の花を観賞する人など誰もいない(/_;)

でもアルプスの冠雪を背景に絵になる場所を選んで(^O^)

 

ウグイスとメジロ

  声はすれども姿が見えず


その代表格は「ウグイス」ですね。
音痴のHashibaでもウグイスとカッコウとカラスの鳴き声は区別がつきます(^O^)
でもウグイスの初鳴きはまだ早いが、姿が見える時があります。

 

昆虫食ですので、普通は藪の中に暮らし探すのが難しい。
体色も地味で見逃しますが、葉が茂らない今がチャンス!

 

梅とウグイスと言うが、ウグイスは花の蜜は吸いません。

だから梅の木に蜜を求めて留まることなどない。

あっても偶然に留まったと言うことでしょうね。

 

春を代表する「梅」と「ウグイス」を単に組み合わせた表現でしょうね。

その梅に群がるのは「メジロ」。

 

 

紅白

TVに紅白歌合戦があるが、自然界の花にも紅白の2つに別れるものが多いですね。
早春の花を代表する「梅」にも紅白があるが・・・

 

他には「ネコヤナギ」がある。一般的には白ですね。


子供の頃、河原によく見かける雑木であった記憶が、それが庭木として植えてあるのを見て驚いたことがある。
それが紅いネコヤナギ! 

 

アセビにも紅白がある。

 

梅や桃には同じ木に、紅白の花をつける源平咲きもありますね。

信州も花を楽しめる季節が到来しました。