信州の四季

信州・伊那谷を中心に四季折々の風景やイベントをupしてます

マタタビとハッカクレン

花は何故美しく咲く?人間が加工した園芸品種は別として、自然界の植物は子孫を残すために(受粉)蜜を求めに来る昆虫をいかに呼び込むかと言う、花同士のライバル意識が花を美しくしながら進化したと言われる。人間のために美しく見せてるわけではない。 美…

梅雨に濡れての山野草

信州は完全に梅雨に入りましたね。 アルプスは雲隠れで何も見えません( ノД`) 傘をさしての山野草撮影です。初夏の花が驚くほど沢山咲き出してます。 シライトソウ・センジュカンビ・アスチルベ・カラマツソウ・シモツケソウ・ササユリ・ホタルブクロ・ヤマア…

ビーナスラインの初夏

信州・ビーナスラインは日本でも屈指の高原観光道路ですね。 全長76㎞、平均標高が1600mくらい。 春の訪れが遅いが、6月は日中で気温15度前後。 この時期、新緑とレンゲツツジが見頃です。 3つの日本アルプスと八ヶ岳連峰、富士山や御嶽山を望めます。 マイ…

ムシトリナデシコ

信州は梅雨の最中? 毎日雨が降ったり、日がさしたりの天気です。 何処にも出かけられない雰囲気( ノД`)シクシク… 我が庭を眺めてみました。 雑草が勢いをつけてます。その1つ「ムシトリナデシコ」 茎に粘着きがありこれで虫を捕る? でもその虫を消化しない。す…

レンゲツツジ

信州では野山(高原)にレンゲツツジが見頃を迎えつつあります。 鹿公害がない(毒がある)ので、どの山も毎年見事な群生が見られ花期も長いです。 富士山や八ヶ岳連峰をバックにすれば絶景ですね。

フルーツライン

信州・伊那路(下伊那郡松川町)には「フルーツライン」と呼ばれる道があります。 行けども行けども果樹園が延々と広がってます。 梅が収穫が始まってます。 伊那では珍しいサクランボです。 他、林檎・桃・梨・葡萄も赤ちゃんから小学生ほどに成長(^O^) こ…

特殊外来生物・オオキンケイギク

もう15年ほど前かな?我が街の中心を流れる天竜川の河原や土手に、黄色の絨毯が現れた。これは見事! 我が街の観光資源になると大喜び。しかしこれは「オオキンケイギク」と言う特殊外来生物と判明してがっくり(/_;)今はその駆除に多額の税金まで使われる。…

静かな湖畔

♬ 静かな湖畔の 森のかげから もう起きちゃいかがと カッコウが啼く はい 起きてますよと湖畔に佇む。 初夏を感じる新緑の美しい静かな湖水(蓼の海) 苔が美しい 誰もいない静けさ 唄の文句ではないがカッコウが鳴きました。 おや? 釣り人が、珍しい釣り糸…

南アルプス

南アルプスと言っても今日は山でなく「南アルプス市」。 山梨県ですが、市の名称にカタカナは初めてではないのかな? 我が伊那市には「南アルプス村」と言う道の駅がある。 ややこしい(^O^) 南アルプス市は、我が伊那市とはお隣ですが、南アルプスを境に裏と…

北アルプス

日本アルプスとは、飛騨・木曽・赤石の3つの山脈を言いますね。我が子供の頃はそのように教わったが・・・何時の頃からか北アルプス・中央アルプス・南アルプスと呼ぶようになった。 その理由は、麓から眺めたこれらの山脈は、この呼び名とイメージと合わな…

知性と感性

人間には,、知性と感性がある。 そのどちらが、より優れているかによって、物の見方や考え方、それに価値観も異なってくる。 今日は快晴で気温が夏日まで上がった。 伊那のバラ公園まで出かける。バラには少し早かった. でもまだ中央アルプス残雪が見られる…

水も滴る良い男

五月晴れと言うが、今年は曇天や雨の日が多い気がする。 我が庭先に咲く花達、水に滴る良い男(^O^) アヤメ・シャクヤク・シラン こちらは水に濡れる醜い男? 僕みたいだなぁ~( ノД`)シクシク… カキツバタ・ウツギ

ナデシコ

「ナデシコ」は秋の七草の1つですが、これは「カワラナデシコ」でしょうか。 他に○○ナデシコと言うのが幾つかある。 初夏に咲く「フクロナデシコ」花の付け根に袋のようなふくらみがある。 外来種ですね。 このナデシコを農家の方が休耕田を利用して楽しんで…

アルプスの残雪

我が伊那谷は東に南アルプス、西に中央アルプスが聳えて見えるが、 中央アルプスは朝日に輝き、南アルプスは夕日に映える時が美しい。 ところでこの時期は残雪が消える季節ですが、なぜか伊那路からなら眺めたとき、 南アルプスの甲斐駒・千丈ヶ岳・北岳・間…

桐の花

「桐」は、 日本国内でとれる木材としては最も軽く、また光沢があり、湿気を通さず、割れや狂いが少ない、それと発火しづらいという特徴もあり、日本の建具、家具、箪笥や楽器の材料とされてきた高級品ですね。 子供の頃は霧の箱には何か重要な書類が収めら…

姨捨の棚田

「姨捨」聞き捨てならぬ言葉(^O^) 姨捨伝説、口減らしのため役に立たなくなったお年寄りを山に捨てに行く話です。 実はこの話は、お年寄りを大切にしなさいと言う結末ですが、 その話は別として、信州には「姨捨山」「姨捨駅」「姨捨SA」があります。 その姨…

梨の実

梨や林檎の花ほころびたかと思いきや、一気に結実。 これは梨の実です。サクランボよりまだ小さい。 上向きに付きますね。大きくなれば垂れて下向きになる。 でもこのままでは商品にはならない。 出来の悪いものから摘果していき 最後は1つの枝に一個。 梨園…

駒ケ根高原

「高原」とは、信州では標高1000m前後で比較的平坦な場所を言いますね。 至る所に○○高原があります。 その1つ「駒ヶ根高原」 我がブロブのネタの大半です。 霊犬・早太郎を祀った寺があり、枝垂れ桜の名所でもありますが、 温泉宿も多く、早太郎温泉郷などと…

新緑の「阿寺川」

木曽川に流れる支流「阿寺川」 このエメラルドグリーンの清流は阿寺ブルーとも言い、 大雨が降っても濁ることがない川です。この色は川底の砂の色であると言われ、檜の美林、切り立った岩が折りなす自然の造形美が見どころで、ところ処にある淵に変わったの…

新緑の木曽川

信州は日本列島の屋根。 山の頂に降った雨は、わずか数センチの違いで北の日本海に流れるか、 南の太平洋側に流れるかに分かれてしまう。 「分水嶺」と言いますね。 長野県歌にある「信濃の国」という歌詞に、 ♬ 流れ淀まず行く水は 北に犀川 千曲川、南に木…

鶴峰公園のツツジ

昭和10年、一町歩(10,000平方メートル)に及ぶ一帯が、 片倉氏から川岸村に寄付されました。 村ではこれを記念して、園内に300株のつつじを植える事にしました。 ところが注文したツツジが勘違いで貨車3台分送られてきたという。 そのつつじの量に村中は大…

山野草

アルプスの残雪が消えないうちにと、上を見て歩いていたら 足元がおろそかになった。 下を向いて歩こう。 春の山野草が満ち溢れてる。 ヒトリシズカ 何で静かなの? これではかしまし娘だ! フタリシズカもあるね。 イチリンソウ ニリンソウやサンリンソウも…

林檎と梨の花

♬ リンゴの花ほころび・・・ と言う歌がありますね。 数日前にそのリンゴの花がほころんでいたと思いきや、一気に満期です。 しかしリンゴもナシも収穫が目的、花は摘花もされますし鑑賞には向きませんね。 林檎も梨も見た目では分からないが、樹形(農家の…

ツツジの季節

サクラもほぼ終わり、ツツジの季節ですね。 種類があり過ぎてよくわかりませんが・・・ 早く咲くのがイワヤマツツジ、ミツバツツジとも言う人もいるが少し違うのか? 続いて咲くのがヤマツツジ 高原地帯にはレンゲツツジが多いです。 公園や庭先などに一番多…

桜咲く木曽路

♬ 木曽の御嶽山は夏でもお寒いヨイヨイヨイ と唄われますが、 大惨事があったその御嶽山も今は静かに佇んでいる。 その麓の「開田高原」日本でも一番美し村に指定されてるが、まだ寒い。 ただいまサクラが満開です。 峠から眺める。 木曽馬の里から 反対側の…

棚引く雲

雨あがり、アルプスに雲が覆う。しかし上空は青空が広がってる。 いけるかな と家を飛び出す(^O^) マイカーで15分、「ポレポレの丘」まで走る。 ポレポレとはゆったりと言う意味だそうですが、猫一匹いない静けさ。 秘境のように一人ぼっち、聞こえるのはキ…

山菜採り

我が庭先の土手は「フキ」で埋め尽くされてる。 少し危険な土手ですのほとんど採れないが、出荷できるほど(^O^) フキの花(フキノトウ)はあまり好物でないが、茎が好物でよく採って食べる。 「イタドリ」の太いのを見つけた。 戦後食料難の時代、子供にとっ…

新緑の頃

今年は、冬から春が無く夏が来たような陽気です。 一気に様々な花が咲きそして散り始めていく。 朝の散歩道にある、合歓の木の大木。 周りが新緑なのに、枯れてしまった? いや、この木は寝坊で「眠い眠い」と遅くまで起きないのです。 だからネムノキなんち…

木曽駒ケ岳の連山「将棊頭山」

「将棊頭山」しょうぎかしら と読みます。 中央アルプスの最北端に位置し、木曽駒ケ岳の連山です。 我が街では目の前に聳える代表的なアルプスの1つですが、 地元では総称して「西駒」とも呼んでいます。 それは南アルプスの甲斐駒ヶ岳を「東駒」と読んで区…

カメラの散歩(^O^)

たった5分のラジオ体操への散歩道ですが、カメラは手放せない。 「ウコンサクラ」が満開。とてもサクラが咲いてるとは思えないが(/_;) これは間違いなく桜だ。(ヤエザクラ) ヤマザクラも頑張ってる。 ソメイヨシノは葉桜。 。 これは何だ! 新緑だが、紅葉…